自賠責保険という保険は正式には自動車損害賠償責任保険と言い、略して自賠責保険とよばれるものになります。

このような自賠責は通称強制保険とも言われていて車を決められた期間ごとの車検に出すときにはその車検の期間に有効な自賠責保険に入っている必要があります。

つまり、すべての車に加入義務のある保険です。

では車が自賠責保険に入ったまま売ったケースではどうなるでしょうか。

自賠責保険というのは車検の際に更新されるというケースが多くあるものですが、仮に強制保険(自賠責保険)に加入したクルマを売った時は、保険料が返還されるという事例はありません。

なぜならば、自賠責保険の効力を一度外して所有権を持つ人移行するのはちょっと手間がかかるのです。

ですので強制保険というものは、名義変更後に自動車とともに手放すことが通常です。

しかしながらそれと同じだけの価格を買取金額に乗っけてくれます。

強制保険というのは自動車税とは異なり、支払い済みの金額を1ヶ月単位で割った額が返還されるのではなく査定に乗せるという方法を使うのが普通なのですが、これが査定シートに明記されるようなことはほとんどありません。

そのため、買取時には強制保険を考慮した額が売却額に含まれているかを確認する必要があります。

自らが支払った金額がいくらかを頭に入れておけば、見逃すことはないです。

その自賠責保険にかかる金額というのは、加入していた期間により変わってくるため注意してください。

自動車の廃車の時には自賠責の名義変更をしましょう。

もしこの作業をしていなければ保険会社から保険期限の満了を知らせる便りが来ることになります。

査定を考えている車がより正確に判断され高く売れることを応援させて頂きますね。