任意整理はよく負債の整理と言われていてそれぞれのお金の貸し手への債務の返済を行っていくことを選択した債務を整理する選択肢となります。その流れは、司法書士とか弁護士事務所債権を持つものとあなたとの間に入って話し合って利息を定める法律にかんがみて利息の引き直しを実行して新たに計算した借金の元金の金利を削ったことにより36か月程度の期間で返済を行っていく借金整理方法です。任意整理にはいわゆる裁判所等をはじめとする公的な機関が管理しませんので他の手続きと比べた場合でも手続きを取ったときにおける不利益が最も少なくやり取りそのものが借金をしている人に一番頭の痛い問題にならないので、真っ先に比較検討したほうがよい方法だといえます。くわえて、貸方がサラリーマン金融のような高額な借入金利の際には利息を制限した法律で決まっている金利などを超過して払った利息はその元金に充てると判断され借りたお金の元金を少なくすることだってできます。ですので、ヤミ金のように大変高額な年利のところへ長期間返しているケースでは一定の利息分を免除できることもありますし、10年くらい返済してきたケースでは元金自体がクリアーになるような場合もあります。債務整理のポイントですが、破産宣告と異なりある部分のみの借金だけをまとめることができるため他に保証人が関与している借入以外だけで処理していく場合や自動車ローンの分を別として処理したい際等も活用することが可能になりますし、全ての資産を手放す必要がないので、自動車や有価証券資産を持っていて、放棄してしまいたくない場合でも有用な債務整理の手続きといえます。ただし、手続き後返済していく額と実際に可能な所得額をかんがみて妥当な範囲で返済の目処が立てられるのであれば任意による整理の手続きを取るほうが良いといえますが破産手続きのように借金自体がなくなってしまうということではないため借入金の総量がかなりになる場合には実際問題として任意整理による手続きを実行するのは困難になるということがいえるでしょう。