車の損害保険には、この記事をお読みの方も既に知っているかとは思うのですが等級という略称で呼ばれるものがあります。省略せずに言うとノンフリート等級別料率制度といい、保険の料金に影響を与えています。等級によって、クルマの損害保険に入っている者の公明正大さを可能な限り担保することを目標とすることで、事故を起こす、クルマの保険を使われる恐れが高ければ大きいと考えられるほど月々の掛金が増えます。反対にトラブルを生じさせてしまう見込みがより低く、自動車損害保険を使用するとはあまり考えられない人は、リスクの低い被保険者に相違ないと認められ保険の掛金が低額になります。安全に自動車をりようする運転者の方のほうが優遇される枠組みとなっており交通事故を起こしてしまいやすい運転者には不都合なシステムだといえます。等級という制度は、優秀な運転手と事故の可能性がより高い利用者の保険の料金が同じ金額だと不公平に感じる方が大多数なので会社側にとってもリスクを減らすために欠くべからざる機構だと考えられるのです。では、等級とは具体的には一体どのようなものか簡潔に明らかにいたしましょう。まず第一に等級というものには1等級?20等級まで設定され、数が増えるごとに保険の料金が割引される機構になっていることに注意しましょう。次に1等級から3等級の間においては低廉にならず、逆に保険料は値上がりし、自動車事故を起こし、自動車保険を使用してしまうと等級が三つ引き下げられ負担の増したクルマの保険を払うことにならざるを得ません。そしてまったく初めて自動車の損害保険に契約するときは6等級からスタートになり、その等級から数が低くなっていくのか上がっていくのかはドライバー次第です。そのようなわけで、月額の掛金を抑えたいドライバーは事故を生じさせないように日々安全運転に努力するのがまずは一番効率的といえるでしょう。