民事再生による解決は住宅のためのローンを含めた複数の債務に悩んでいるひとをターゲットとして、住居を維持したままで金銭面で再生するための債務を整理する手順として2000年11月にスタートした解決方法です。民事再生という制度には、自己破産とは違い免責不許可となる条件はないので浪費などで借金ができた場合においてもこの手続きはOKですし、破産申請をすれば業務が行えなくなりかねない資格で生計を立てている方でも民事再生は検討可能です。破産の場合には住んでいるマンションを残しておくことはできませんし、その他の選択肢では元金そのものは返済していくことが要求されますので、住宅ローン等を含め返していくことは多くの場合は難しいと思われます。といっても、民事再生による処理を取れれば住宅ローンなど以外での負債はけっこうな額を減ずることも可能なため余裕を持ちつつ住宅ローン等を続けながらそのほかのローンを払っていくようなことができるということになります。とはいえ、民事再生という選択は任意整理と特定調停といった手続きとは違い一定の債務を省いて手続きをすることは許されていませんし自己破産においてのように借り入れ金自体が消えてしまうということでもありません。また、これとは別の債務整理と比べて若干複雑で手間もかかりますので、住宅ローンなどを組んでおりマンションを維持したい状況などを除外して破産申請などその他の方法がとれない場合の最終的な手段としておいた方がいいでしょう。